はじめに

我々がめざすのは、
心臓をより良く治すための統合循環器内科

佐藤 直樹(部長) さとう なおき 我々のめざす循環器内科医は、“心臓と他のすべての臓器との連関に目を配り、必要に応じて、各科専門家と密に連携をとり統合的に1人の患者さんを診る医師”です。 これからの循環器領域では、車に例えれば、各パーツのみを修理するのではなく、修理した後、車がよりスムースに走れることを目指す、そんな医療が求められるようになります。 個々のパーツを治す技術は最高のものを、さらに、全身に目を行き届かせ、より快適な循環環境を達成するという一歩先の循環器内科を我々は目指しています。 このような“統合循環器内科医”(Integrated Cardiologist) を追求し、川崎のみならず、広く世の中に貢献していきたいと考えています。

ページの先頭へ